我が家に棲みつく野生動物を撤退【害獣駆除を依頼しよう】

男女

家から追い出す

檻に入ったねずみ

自宅に害獣が棲みつくトラブルが増えてきています。害獣というのは、ネズミやハクビシン、鳩などの動物になります。これらの動物は家の天井や床下に棲みつき、主に夜に活動をします。そのため、睡眠中に天井や壁から物音で目覚めてしまい、寝不足になりがちと悩まれている方も少なくありません。その状態が続いてしまうとストレスが溜まってしまい、体に悪いといえます。また、害獣は棲みついた箇所に糞尿を撒き散らしてしまい、天井にシミができたり、板を腐らせてしまったりしてしまいます。そうなると、天井を支える板が壊れてしまい、落ちてくる危険性もあります。さらに、糞や尿を撒き散らすことで、カビが発生してしまい、アレルギーの病気を引き起こしてしまいます。害獣とされている動物には、ノミやダニが付いており、アトピー性皮膚炎や喘息を発症してしまう原因になります。自宅に棲みついていると分かった際には、害獣駆除を行なう必要があります。被害が大きくならないように防ぐには、駆除をしなくてはなりません。害獣駆除は家に棲みついた動物を追い出さなくてはなりません。自分で動物を追い出すことができても、また戻ってきてしまいます。さらに、害獣駆除を行ったとしても知識が無いと、自分で処理するとなると難しいといえます。害獣の中には、無許可で駆除するのが禁止されている動物もいます。禁止されている害獣駆除を行なうには、自治体などに申請をしなくてはなりません。棲みついた動物は、害獣駆除をしてくれる専門のところに任せましょう。